All Posts

ワーナー ブラザース ジャパン

ワーナーミュージック・ダイレクト. ワーナー ブラザース ジャパン合同会社(英: Warner Bros. Japan LLC)は、エンターテインメント事業を行う日本の企業。アメリカ合衆国の映画会社ワーナー・ブラザースの日本法人[3][4]。, 事業体制として、映画製作・配給部門「ワーナー・ブラザース映画」(Warner Bros. Pictures)、家庭用ソフト・デジタルコンテンツ部門「ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント」(Warner Bros. Home entertainment、旧ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション)、テレビ・映像配信部門「ワーナー・ブラザース テレビジョン」(Warner Bros. Television)、キャラクター商品ライセンス部門「ワーナー・ブラザース コンシューマープロダクツ」(Warner Bros. Consumer Products)などがあり、社名よりもこれらの名義が使用されることが多い。, 米国法人製作作品に加え、日本のコンテンツとして邦画・アニメ・モバイルゲーム・コンテンツアクイジションの4つの事業を展開している[5]。, 1992年5月29日、タイム ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社として設立。, 2002年に株式会社イーストウエスト・ジャパン、株式会社ワーナーミュージック・ジャパンと合併し、ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社(英: WARNER ENTERTAINMENT JAPAN INC.)となるが、2年後の2004年にはタイム・ワーナー(現:ワーナーメディア)の音楽部門分離・売却に伴い、音楽ソフト部門を株式会社ワーナーミュージック・ジャパンとして分離される。, 2011年、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンから川瀬浩平、中山信宏などが転籍。ワーナー・ホーム・ビデオ部門がテレビアニメ事業およびゲームパブリッシング事業に参入[3][4][7]すると同時に、音楽レーベル「ワーナー・ホーム・ビデオ」も設立し[8]、11月1日には日本レコード協会に準会員として加盟した[9]。, 2014年4月1日、日本動画協会に準会員として加盟。同年5月1日、ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューションがワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントに改称され[5]、家庭用ソフトのブランド名もワーナー・ホーム・ビデオからワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントに変更された。同時期にはモバイルゲーム事業を開始する[10]。, 2016年4月1日、ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社から社名・組織変更を行い、ワーナー ブラザース ジャパン合同会社となる[11]。, 2020年1月16日、ワーナー・ブラザースとユニバーサル・ピクチャーズが北米でのソフト販売と流通事業を統合することを発表。同時に両社での国際ライセンス契約締結に伴い、2020年10月9日より、ワーナー・ブラザース作品の販売権をNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンに移行した[12]。(2020年10月9日以降、発売元のみ当社が、販売はNBCユニバーサルが手掛ける。販売継続と共にワーナー作品で国内アニメ作品以外での作品で初の社名表記となる。ワーナーに加えて、2020年11月よりメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)、ユナイテッド・アーティスツ(UA)、オライオン・ピクチャーズ作品のソフト販売も担当する。), ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント(旧:ワーナー・ホーム・ビデオ&デジタル・ディストリビューション部門)が、ビデオソフトおよびワーナー・オンデマンド(映画・テレビドラマ作品の有料動画配信)の企画製作・発売を担当している。, ワーナー・ブラザース映画が制作した邦画作品や、発売権利を保有しているTVアニメーション作品についても同社が発売元となる作品がある。CD店やDVDビデオソフト売場にて新譜販促用の冊子「NEW RELEASE INFORMATION」を毎月制作・無料配布している。ブルーレイディスクソフトの販促キャンペーンに2009年から2013年まで菊川怜を「ブルーなレイ」として起用している。, 日本市場にはこれまでワーナー・ホーム・ビデオ(ワーナー・ホーム・ビデオ(初代、ワーナー・パイオニア→ワーナーミュージック・ジャパン))より発売してきたが、1992年に新会社としてタイム ワーナー エンターテイメント ジャパン(後のワーナー ブラザース ジャパン)が映像部門からの現物出資で設立されることになり、同年度以降(正式には6月頃以降)は順次、同社からの発売となる。また、朝日放送制作のテレビバラエティ『探偵!ナイトスクープ』のディレクターズカット版傑作編として映像ソフトが発売されたのも、同社のレーベルからである。, ジェネオン エンタテインメント(旧パイオニアLDC)を販売元としてDVD販売においてハリウッドプライスという2000円台でのDVD販売がされてきた。本国アメリカにおけるDVDの販売方針転換[注 1]に伴って、2005年4月以降に発売された商品に対しては2980円[注 2]、あるいは3980円[注 3]に区別されるようになったが、これに対しては値上げとなったため賛否両論が多い。これによる廉価版発売の際、今までに比べて値引率が高くなるようになり、場合によっては3980円の作品がいきなり690円、980円で販売されることがある。また、他の映画会社にある常時1500円程度で購入できる作品の導入も遅く、2008年4月に初めて発売された。ただし、TVドラマなどに関しては現在でも1枚2500円あたりの価格となっている。, その一方で他の映画会社が第3世代光ディスク(当時の「次世代DVD」)などとの兼ね合い上、リリースを削減しているUMD VIDEOを積極的に発売しており、最近では1500円と他のメーカーと比べても安い価格で販売されるようになった。また、Blu-ray DiscやHD DVDも発売当初は旧作に関しては3980円程度と、他のメーカーと比べて低価格で発売されていた[注 4]。, 長い間、販売面においてワーナーとは良好な関係を築き上げてきたジェネオン自身も、親会社である電通がユニバーサル・ピクチャーズの日本法人にジェネオンの全事業を譲渡・合併[注 5]により「ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン」に変更される事となり、ワーナーにとっては映画・音楽分野[注 6]においてライバルでもあるNBCユニバーサルの下で事業展開[注 7]する事となった上、近年ではワーナー自身によるアニメおよび主題歌の製作・販売を積極的に行っているため、事業が完全に競合することとなっている。これまで通りの関係を継続するかどうかが注目されていたが、ジェネオン制作のアニメである『とある魔術の禁書目録』の劇場版の配給や主題歌・イメージソングを提供(作曲はジェネオン所属のfripSideの八木沼悟志が担当)し、さらにその後スピンオフである『とある科学の超電磁砲』のTVアニメ2期のエンディング曲を提供するなど、少なくとも会社間の関係は現在でも良好なまま維持している模様。, 前述の通り、ワーナーとユニバーサルのソフト販売・流通事業の統合に伴う国際ライセンス契約締結により、2020年10月9日からジェネオンの後身でもあるNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンがワーナー作品のソフト流通を担当している[12]。, レーベルは「ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント」(旧ワーナー・ホーム・ビデオ)。, ワーナーも出資した「トワーニ製作作品」については、トワーニを参照のこと。製作・配給した作品の大半が、かつて「トワーニ」として映画作品の共同製作を行っていた日本テレビ放送網との共同製作である。, 特記なき限り製作・配給は「ワーナー・ブラザース映画」、発売・販売元は「ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント」(旧ワーナー・ホーム・ビデオ)。, ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント(旧ワーナー・ホーム・ビデオ) ジャパン・コンテンツ事業グループ アニメ事業部が担当[11]。, 映像メディア販売のみを行った作品を列挙する。括弧内の年月は映像メディアの発売時期、制作年度は当時の放送時期。, CNN - CNNインターナショナル - CNNエスパニョール - HLN - TBS - TNT - TruTV - カートゥーン ネットワーク - BOOMERANG - ターナージャパン(旅チャンネル・タビテレ・MONDO TV・MONDO麻雀TV・旧JIC), ワーナー・ブラザース映画 - キャッスル・ロック・エンターテインメント - ニュー・ライン・シネマ - ワーナー・インディペンデント・ピクチャーズ, DCコミックス - Monolith Productions - ワーナー ブラザース ジャパン - ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント, 日本ではエンタテインメント部門はワーナー エンターテイメント ジャパン、音楽部門は, ワーナー・ホーム・ビデオ(初代、ワーナー・パイオニア→ワーナーミュージック・ジャパン), アルカナ・ファミリア -La storia della Arcana Famiglia-, ハリウッド映画とゲームのシナジー効果を活かした国内展開を目指すワーナー エンターテイメント ジャパン「ゲーム パブリッシング事業正式参入 プレス発表会」開催, ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント、モバイルゲーム制作・配信事業第1弾「トムとジェリー ざくざくトレジャー」を発表, 「カードキャプターさくら」が4Kスキャン新世代ニューマスターで再Blu-ray BOX化, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ワーナー_ブラザース_ジャパン&oldid=80157192, 配給・宣伝のみ / 製作:吉本興業 / 発売・販売元:よしもとアール・アンド・シー, 配給のみ / 企画プロデュース:ルーセント・ピクチャーズエンタテインメント / 発売・販売元:バップ. ワーナー・ブラザース・ジャパンは1992年に、タイム・ワーナー・エンターテインメントジャパン株式会社として設立し、2002年に株式会社イーストウエスト・ジャパン、株式会社ワーナーミュージック・ジャパンと合併して、ワーナーエンターテイメントジャパン株式会社になり、2016年に社名および組織変更があり、ワーナーブラザースジャパン合同会社となりました。 ワーナーミュージックオーディション. ワーナー ブラザース ジャパン合同会社(英: Warner Bros. Japan LLC)は、エンターテインメント事業を行う日本の企業。アメリカ合衆国の映画会社ワーナー・ブラザースの日本法人 。 ワーナー・ブラザース公式サイト。映画から、ブルーレイ、dvd、デジタル配信、海外ドラマ、tv、アニメ、ゲーム、キャラクターなどの情報をお届け。 ワーナーミュージックライフ. 日本の特大ヒットへ感謝!映画『TENET テネット』オープニング世界No.1の劇場へ、ノーラン監督か…, 週末興収4週連続No.1!映画『TENET テネット』が累計興行収入20億円突破!, 製作35周年記念!アドベンチャー映画の傑作『グーニーズ』4K ULTRA HD&HDデジタル・リマス…, 「レディ・プレイヤー1」7月3日(金)日本テレビ系金曜ロードSHOW!で地上波初放送! (一部地域除…, ファンタスティックな"ハリー・ポッター"イヤー開幕!20周年記念ロゴ初公開&関連新企画・新商品情報続…, 12.16 ブルーレイ&DVD発売&レンタル同時開始 / 11.4 ダウンロード先行販売, 【お客様】特典収録内容変更のお知らせ(【300セット限定生産】デラックスメタルケース仕様 ゲーム・オブ・スローンズ<第一章〜最終章>4K ULTRA HD コンプリート・シリーズ)[PDF], 【お客様】発売日変更のお知らせ(「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」 Vol.2~10 Blu-ray/DVD)[PDF]. 大人向け洋楽ポータルサイト. / Rayflower. 同じワーナー・ブラザースをルーツに持ち音楽事業も手がけるワーナー ブラザース ジャパンとは資本関係はない。2014年にワーナー・ブラザースが事業整理し、ワーナーミュージックを売却しているため。 関連項目. 株式会社ワーナーミュージック・ジャパン(Warner Music Japan Inc.)は、米国・ワーナーミュージック・グループ傘下の日本のレコード会社。, アトコ・レコード - アトランティック・レコード - エレクトラ・レコード - フュエルド・バイ・ラーメン - メイバック・ミュージック・グループ - ロードランナー・レコード, アサイラム・レコード - サイアー・レコード - ノンサッチ・レコード - パーロフォン - リプリーズ・レコード - ワーナー・ブラザース・レコード - 143 レコード, MOON RECORDS - unBORDE - ワーナーミュージックエージェンシー(関連芸能プロダクション), その後、同社の家庭用AV事業は機能子会社の「パイオニアホームエレクトロニクス株式会社」への移管を経て、, 米国本社でのディスク原盤製造の撤退に伴い、パイオニアLDCを通じての販売元としての契約は後に同社の後身である, 尚、1997年より、規格品番がWP〇Vに該当される作品は発売元がワーナーミュージック・ジャパンになっている。, https://jp.wsj.com/articles/SB10001424127887324406204578290881792277310, “ワーナー、CD/DVD等パッケージ商品の小売販売・流通業務をソニー・ミュージックマーケティングへ委託”, https://www.musicman.co.jp/business/16192, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ワーナーミュージック・ジャパン&oldid=80110774, ザ・ファイネスト・プレゼンツ・ベスト・ヒット・R&B-ザ・ホッテスト・R&B・ヒッツ・アンド・メガ・ミックス-, ザ・ファイネスト“ゴールデン・ベスト 2012-13”ミックスド・バイ・DJリード・フロム・ヘビー・ヒッターズ, 初音ミクシンフォニー Miku Symphony 2016 オーケストラ ライブ CD, 5月 - 社名の『WARNER MUSIC JAPAN』の書体だけが変更され、ロゴマークに変更はない。, Everything's gonna be Alright / STEREO TONE SOUND, RODIO 〜今も聞こえる笑い声〜(Dear namijin Ver.) / gulff, 熱帯夜 -Yasutaka Nakata(capsule) Remix- / RIP SLYME, Keep Love Together feat.The BIG ROOM Family a.k.a Mika Arisaka&Ryohei with SAWA,Mika Sawabe / Kentaro Takizawa, Connecting / halyosy feat.初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、KAITO、MEIKO, 教えて! ワーナーミュージック・ジャパンのオーディションサイト +809 ウィキペディアン / じーざす(ワンダフル☆オポチュニティ!) feat.鏡音リン、鏡音レン, 初音ミクの消失(feat.石川綾子 ヴァイオリン ver.) / cosMo@暴走P, Right×Dark Re:stand / ELECTROCUTICA feat.鏡音リン, ECHO / CIRCRUSH(Circus-P + Crusher-P) feat.Gumi English, みくみくにしてあげる♪【してやんよ】〜えれくとりっくえんじぇぅ〜恋スルVOC@LOID, Dance naked,Under the moonlight.

Mazda Diesel Pickup For Sale, Universal American School Logo, Public Health Jobs In Spain, Strongest Guard Dogs, Praise Highly Glorify Crossword Clue, The Office Complete Series Dvd Review, Bernese Mountain Dog For Rehoming, Visual Word Recognition Pdf,

Print Friendly, PDF & Email